ボディランゲージを利用するテクニックのコツ 手足の動きと向き

ボディランゲージ、というものを聞いたことがあるでしょうか。

これは、自分たちが無意識にやってしまう手や足の動きで相手の気持ちを読み取ることができるというものです。では、実際に無意識の手や足の動きとはどんなものでしょうか。例えば、手をほっぺたや唇に当てている人をたまに見かけませんか。これは緊張状態にあるときに自分の体に触れることで安心感を得ようとしているときに出るものです。つまり、もし誰かが自分の体に触るような行動をしていたら、少しだけ居心地の悪さを感じているのかもしれません。

では足の場合はどうでしょうか。足は意外と感情をよくあらわしてくれます。例えば立っている相手と話しているときに足の向きがあなたとはぜんぜん違う方向を向いていたとしたらその人は早くその場を立ち去りたいと思っています。あるいは軽く貧乏ゆすりをしている場合なども同じです。学校の授業が終わりそうになると急に足でリズムを取ってみたりしたくなりませんでしたか。これは早く終わらないかなという合図です。

しかし、足の向きが違う。と言っても、片足に体重をかけてだらーんとしている。表現は難しいですが、不安定な体勢をとっているときは必ずしもあなたとの会話を切り上げたいと考えているとは限りません。あなたの前で不安定な体勢をとるということは、あなたによって体のバランスが崩されるようなことはないと信頼している証でもあります。つまりはあなたに対して安心感や信頼感を持っているということですね。

そして、このボディランゲージを利用するテクニックもあります。それが、相手の真似をするということです。あなたが相手の行動やポーズを軽く真似することによって感情や行動の共有ができます。向こうは、あ、この人も今同じ気持ちなんだ。と無意識に思ってくれるので距離が縮まりやすくなります。

このほかにも視線の動きで感情や考えていることを知れるなど、いろいろ面白いことがあるのでぜひ勉強してみてください。

ドライブデートはセフレとのデートに最適

デートをする時、車でドライブをするということが多いのではないでしょうか。
そんな時、車の中での、相手の行動などが気になることがあります。

私もセフレとのデートはほとんど車内が多いですね。
あまり、セフレと遊んでいるところを知り合いに見られたくないですし、お互いに。
それに、そのままカーセックスできるのも魅力ですね。
海岸沿いをドライブしてそのまま車内エッチするのも良いですよ。

そんな車の中で、女性ががっかりする男性の行動について、まとめてみました。

・車の運転がへた
まず上げることができるのは、車の運転が下手ということです。
女性は男性に対して、車の運転が上手であってほしいという希望を持っています。
ところが、いざ乗って見ると、とんでもなくへたであると、がっかりするのです。
それは、ブレーキをやたらとふむ、スピードがゆっくり過ぎる、駐車場に車を駐車することができないなどをあげることができます。
初心者の場合は、そのような運転であると思いますが、がっかりポイントとなりますので、車の初心者の場合は、ある程度車に慣れてから、車でのデートをすることが賢明です。

・車の中が汚い
車を見た時に、いくら高級車であっても、その外観がとんでもなく汚れていると、本当にがっかりしてしまいます。
その男性が忙しいという人であれば、その車を綺麗にすることができなかったんだと、思うこともあるかもしれません。
また、車の中に入った時に、車の中が汚い場合、本当にがっかりしてしまいます。
車の中をそんなに綺麗にピカピカにする必要なないですが、ある程度は綺麗にしてほしいと望むのです。
車の中にゴミが多かったり、臭ったりすると、それは幻滅ポイントとなります。

・違反をする
車を運転している時、違反をするのは、少し嫌だなと思ってしまいます。
それは車の運転に限らず、社会の規律を守ることができないと思ってしまうからです。
少しのことだからいいとか、人がいないからいいと思って、女性の前で違反をすると、そのようにイメージを抱かれることがあります。
また駐車をする時に、決まったところに駐車をしてない時等、本当にがっかりします。
デートの途中で、違反切符を取られたりするのは、したくないし、見たくないと思っているのです。

この彼氏は、M男募集のサイトでみつけた男性です。
そういうプレイをするときにM男なのは良いのですが、SMだけでなく日常まで弱々しい感じだと、男性としてちょっとどうなのと思いますね。
私自信はS女かもしれませんが、普段は男がエスコートしろよって思いますね。

会社の慰安旅行で女子社員と

『蛍の光に照らされて』

会社の慰安旅行でさる観光地にでかけたときのことでした。
総勢50名の人数で女性の方が多かったのですが、その中に事務員のY子一人に僕は目をつけていました。
普段は仕事以外ではあまり話もしたことはなかったのですが、なかなかチャーミングな女性で、僕はこの旅行を利用してY子に言い寄るつもりでいました。
旅館に着くとまもなく大広間での夕食となり、みんなお酒もまわって陽気になり、歌やダンスまでとびだしました。あいにくとY子は僕から離れた場所に座っていて、声をかけることもできません。が、このあと旅館のそばの川べりに出て、この地方の名物にもなっている蛍狩りをすることになっていて、Y子やほかのみんなもでかけるときいていたので、僕はそのときこそと、意気込んでいました。
Y子にむかって何を話せばいいのか、僕はあれこれ考えました。
「いつもきみのことを、思っています」とか、「きみが会社ではいちばん可愛いな」とか、「よかったら、結婚を前提につきあってくれないか」などなど、いろいろ言葉は思い浮かびますが、いまいちこれといったものが出てこなくて、それは蛍のとびかう川べりでぶっつけ本番と行くかと僕は、気合をこめなおしました。
旅館を出たころにはすでにあたりにはうっすらと闇がおりはじめていました。それでも川にたどりつくまではまだ、前をゆく他の女子社員たちとまじって歩くY子の後ろ姿はみわけることができました。
川べりについたときには、すでに辺りはまっくらで、茂みの中にははやくも蛍たちのとびかう様子が光の点となってみることができました。
このあたりが異常に暗いのは、蛍をよくみるためだとわかりましたが、おかげて僕には、何人もいる女性たちの中からY子をみわけることが用意にはできなくなっていました。まさに、蛍の光をあてにしなければならない有様でした。
あちこちで、蛍をみて歓声があがりだしました。その中にY子のものと思える声が聞こえて、僕は急いでかけよっていきました。いいかげん焦っていた僕は、おもわずそれらしき女性の腕をぎゅっとつかむなり、その女性にむかって、「好きです」と叫んでいました。
「ありがとう、嬉しいわ」
その声は女子社員の中でも最年長の、すでに孫もいるとか聞いていた女性のものでした。

もてる男性や、女性受けが良い男性の特徴の一つはポジティブ

もてる男性や、女性受けが良い男性の特徴の一つはポジティブだということです。今のご時世、経済や政治や雇用などの問題に目を向けると、暗いニュースばかりなのでポジティブな人ってなかなかいないと思います。

これは、男女問わずに多いと思うことですが、私も多くの人と話をしていてネガティブな人や、控えめな人って本当に多いなぁと感じます。特に、これは日本人の国民性なのかもしれないので、仕方ないと感じる部分も多いです。

しかし、そんな中ポジティブに明るい男性って多くはないのですが、彼らの共通点はやっぱり女性にもてることです。それはなぜかというと、ポジティブな人は安心感があるからです。普段から、不満ばかりを口にしている人は、必然的に表情も暗く周りの人にも悪い影響を与えます。

一方ポジティブな人は、話しかけやすいオーラが強く良い意味で、親しみやすい雰囲気があります。また、明るい話題ばかりを話す人はやっぱり、周りの人にも良い影響を与えます。そんなわけで、ポジティブな人は周りの女性からも明るい印象を抱かれ、結果的にはもてやすいというわけです。

しかし、ポジティブになるためにはどうすればよいのか、分からないという人も多いと思います。性格を矯正したり、変えたりするのは難しいことなのですが、意識を変えて今日から生き方を変えることは可能です。

そして、ポジティブになるために大事なことは、小さいしがらみを減らすことです。実際、女性にもてる人は小さいこだわりなども少なく、円滑に人間関係を進められる人が多いです。例えば、女性から悪い印象を抱かれるのは、パートナーを自分好みに縛り付けようという人です。つまり、パートナーを束縛したりすぐに否定したりすることが多い人です。

このような人は、小さいこだわりがたくさんあり思想もネガティブです。そして、お世辞にももてない人が多いです。女性のみなさんも、このような男性は苦手という人が多いと思います。それから、小さいこだわりを捨てるためには、やっぱり自分自信のことをしっかりと知ることが大事です。つまり、普段の生活の中から要らない心配や、こだわりを減らしていけるように客観的に自分を見ることが出来れば、必然的に異性からも良い印象を抱かれるようになると思います。

引くことを覚えたら恋愛がうまくいった

引くことを覚えたら恋愛がうまく行き出しました。

38歳男性です。
長い間彼女ができませんでした。
彼女ができないどころか、女性の友達さえ
殆どいませんでした。
長い間かなり寂しい生活をして
いました。

そんな生活をしている時に何気なく雑誌を
見ていると恋愛テクニック特集のような記事が
掲載されていました。
「女はモテる男が好き」
そんなことが書いてありました。

モテる男はどんどん、モテていき、
モテない男はよりいっそうモテない。
モテない男は余裕がなく、がっつき過ぎに
なり、女性にとってはそれが気持ち悪いようす。
将来ストーカーにでもなるのではないだろうかと
心配になってしまうそうです。

確かに、自分は合コンなんかに行って、
好みの女性がいると一生懸命アプローチして
いました。
可愛いね。彼氏いるの?。今度デートしよう。
いつデートする。
立て続けに話していました。
まさにあの雑誌に書いてあった、
余裕のないモテない男性といったところです。
これでは、彼女できないのも女友達さえもできないのも
当たり前ですよね。

そこで、少し方針を変えてみることにしました。
この歳になると中々合コンなどはできませんので、
まず職場の女性との飲み会です。
いつも冗談交じりに、今度デートしましょうとか、
可愛いですねとか話していたのをやめて、
一生懸命余裕を出しました。
休みは何しているのとは聞いても、
決して誘ったりしないようにしました。
可愛いですねなんて言葉も発しないようにしました。
少し引いてみたのです。

とても不思議なことなのですが、
そんな感じでやり取りしていると、
女性の方から誘ってくるではないですか。
休みの日、ドライブでも行きませんかと。
ようやく女友達ができると思い心は弾みましたが、
ここのあくまで余裕のフリをして、冷静に応諾しました。

その後、女友達ができて余裕ができたのか、
たまたま開かれた合コンでも好みの女性と
デートをする約束をとりつけました。
ここでも、やはり少し引いてみたのです。

少し、引いて余裕のふりをする。
もっと早くこの方法にたどり着いていればと
心から思います。

卒業論文インタビューでの出会い

この話は私が大学時代の話になります。ちょうどその頃は卒業論文の制作のために人に質問をしていました。
その中の一人の女性と色々な話をしているうちに意気投合して、連絡先を交換しました。メール交換しているうちに出会った日の翌々日だったと思うのですが、ファミレスで会うことになりました。食事を済ませた後お互い自転車だったのでどこにいこうかと悩んでいました。すると女性は
「あなたの家に行きたい」
と言いました。僕は何も考えずに承諾しましたが、よくよく考えたらもしかして目的は肉体関係なのかと不安になりながら家に向かいました。
家についてしばらくは色々なこと話していましたが、話が途切れてしまいました。言うべきか言わざるべきか迷いましたが、言いました。
「もしかして、僕としたいのですか?」
すると向こうは怒って怒鳴って言ってきました。
「私の体が目的だったのね」
僕もすかさず
「あなたが僕の家に行きたいと言ったんじゃないか。普通家に行くなら目的は1つだ。こうなったのはあなたの責任のほうが大きい。僕を怒鳴りつけるのは間違っている。帰ってくれ。」
と言って追い出しました。しばらくして相手から
「ごめんなさい。浅はか過ぎました。また会ってくれませんか」
とメールが来たので僕も
「言い過ぎました。いいですよ。予定が空いている一週間後に会いましょう」と送りました。
しかし、その後メールを送っても返信は着ませんでした。すると約束の日に連絡が来ました。
「元々好きだった人から会おうと連絡が来たのでもうあなたとは会えない」
と連絡がありました。僕は
「僕は友達として満足していたしあなたと恋人同士になる気など無かった。友達として付き合いましょう」
と送りました。すると向こうは
「私をリスペクトしていないのですね。そんな態度だから友達が出来ないのですよ」
とメールが来ました。僕は
「リスペクトしている。リスペクトしていないのは何日もメールを無視してあなたとはもう会えないとメールを送るあなたの方だ。もうどうでもいい。好きだった方とお幸せに」
と返信して終わりました。その後連絡は一切取っていません。
あっけなく終わってしまった僕の出会いでした。

不潔な人とは同棲したくない

その人を好きになった時、同棲をすることがあります。
そしてその同棲をして、その人のことをますます好きになって、結婚に発展をするということは、良く話です。
その一方で、同棲をすることによって、この人とはやっぱり結婚は無理かもと、思ってしまうこともあります。
そんな無理かもと思ってしまう内容について、まとめてみました。

・極端に不潔な人
相手の人が極端に不潔な人の場合は、一緒にいることが耐えられなくなってしまいます。
例えば、お風呂にはいらないという人には、引いてしまうのです。
しかも匂いが発生していたりしたら、その恋愛は終わってしまうことになります。
女性は、アロマの香りが好きだという人が多いということからも、匂いに対して敏感である人が多いのです。
そのため、不潔にしていることがわかって、その相手の人が臭っていると思った時、好きと思っていた感情がいきなり冷えてしまうことがあります。

・仕事をしない人
仕事をしない人というのも、その人のことを尊敬できなくなるので、嫌と思ってしまいます。
それは女性の場合は、特にそのように感じます。
女性は、結婚を意識して同棲をすることが多いので、その相手の人が仕事をしていないとなると、その結婚はないと思ってしまうのは当然のことなのです。
最初のうちは、その人に対して、一緒にいるだけでいいと思っていた感情も、同棲を続けることで、いつまでもこの関係ではいけないと思って、解消をしたいと感じてしまうのです。
また、その時に仕事をしていない人でも、必死で就職活動をしている人の場合は、その気持ちを抱く人は少なくなります。
それは、その必死でしているということで、その愛情を感じることになるからです。
愛情を感じることによって、もう少し一緒にいようという気持ちを持つことになります。
また何かに夢を抱いている人に対しては、その夢を追っている間は、相手の人を支えようと思うのではないでしょうか。
しかしそれについても、限度はやってきます。